人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Meiちゃんはアンティーク柄で

d0335577_07345862.jpg
↑長襦袢の振りから鮮やかなブルー色がちらりと・・

髪飾りもポッコリとした形状で



d0335577_07350866.jpg
↑髪型も個性的です















by mantaiya | 2019-02-27 07:35 | 着物 | Comments(0)

Ikumiちゃんは千總の振袖で

本格手描き友禅の最高峰、千總の振袖で
後撮りして頂きました
d0335577_07323166.jpeg













by mantaiya | 2019-02-27 07:32 | 着物 | Comments(0)

辻村史朗さん

d0335577_15013925.png
自分の工房でお茶を立てる史朗さん
自分もかう云ふ風貌で
晩年は茶室で過ごしたい。
















by mantaiya | 2019-02-26 15:05 | 趣味 | Comments(0)

Saeちゃんの後撮り

d0335577_07235248.jpeg
↑濃い小豆色の地色の
絞り入り振袖
袋帯もどっしりと刺繍が施されています
とても締めやすいと着付けの先生からも評判のお品

草履やバッグもセットで
相当な金額のものです

d0335577_07240284.jpeg

















by mantaiya | 2019-02-26 07:27 | 着物 | Comments(0)

Rinoちゃんの振袖


試着画像です
d0335577_18110093.jpeg
↑微妙に抑えたアンティークの赤地
当店の得意とする分野です
Rinoちゃんにはこの地色と柄だと
直感的に思ったのですが、
ご本人も気に入って頂きました

d0335577_18111074.jpeg

ブルーの地色のアンティーク袋帯と
グリーン色も迷ったんですが、
青いほうに

御草履は「こっぽり」に変更します

足袋も柄足袋で探してきます



ps:

本日は月曜日なので定休日です
会社で使っているMacコンピュータの調子が以前から悪いので
名古屋の栄にあるアップル・ストアまで
大きなデスクトップ型を運び込みました

原因が解ったので復旧致しました

やれやれ、ホッとしました















by mantaiya | 2019-02-25 18:14 | 着物 | Comments(0)

Annaちゃんの振袖

d0335577_08243268.jpeg

Annnaちゃんのお姉ちゃんの結婚式に
2回目の振袖を
袋帯も含め、とても良いものです

草履とバッグもこだわってあります(笑)

d0335577_08244371.jpeg

↑刺繍半襟もゴージャスに銀の糸で刺繍したもの












by mantaiya | 2019-02-24 08:27 | 着物 | Comments(0)

Keikaちゃんの卒業袴



試着画像
d0335577_12171336.jpeg
↑髪の色も前髪のみグリーン色に染めたので
髪色に合う2尺袖着物を選んで頂きました


d0335577_12172754.jpeg













by mantaiya | 2019-02-23 12:17 | 着物 | Comments(0)

『茶の本』(岡倉 覺三)




d0335577_11310655.jpg
d0335577_11314074.jpg

★昭和13年5月1日(第14刷)発行の戦前版です。
現在の岩波文庫のサイズより縦が約1㎝大きいです。
★経年による日焼けはありますが、書込み・蔵書印はありません。
★入手困難な稀少品と思われますので、是非この機会にお求めください。

★あくまでも古書となりますので細かい擦れや汚れなどを気にされる方のご入札はご遠慮下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------


【店主のコメント】


原書は英語で日本人が書いた最も美しい英文の一つと言はれてゐます。


この本も大學時代には讀んだが、もう忘れたので戰前の古書で再讀してみたい。



















by mantaiya | 2019-02-23 11:33 | | Comments(0)

『花傳書』岩波文庫(初版)

d0335577_09421717.jpg

d0335577_09423135.jpg


★昭和2年11月5日(第1刷)発行の戦前版の初版本です。
現在の岩波文庫のサイズより縦が約1㎝大きいです。
★経年による日焼けがあります。書込み・蔵書印はありません。
★入手困難な稀少品と思われますので、是非この機会にお求めください。
★あくまでも古書となりますので細かい擦れや汚れなどを気にされる方のご入札はご遠慮下さい。
------------------------------------------------------------------------------------------

【店主のコメント】


一からお花の勉强をしたくて

戰前の岩波文庫を手に入れた


お花の容ではなく、

ご存知のやうに能の理論書であるが

この時代にわび・さび侘・寂)といふ

感性が確立したと思ふ

生け花もこの時に完成したと

思つてゐる


舊漢字・舊假名遣ひで


書體が右から左に印刷されてゐる


これが良い



能=花=書



正漢字  內

当用漢字  


↑漢字もよく観察すると「本物」と

戦後のマッカーサーが命令した
「当用漢字」では形が違ふ


米国人には同じやうに見えるが、

「入」と「人」では全く意味が異なる。


歷史敎科書を始め

小學校で刷り込まれたものを鵜呑みにして

本當だと思ふことは危險である



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ある方のBlogより



今回は「 人 」と似ている 「 入 」とそれに関連する「 内 」を紹介します。

※漢字の成り立ちには諸説あります。
※漢字の説明は、上下左右にわけて説明することがほとんどです。
  わかりにくかったらすみません。画像は私が書いたものです。下手ですみません。


入  「 入 」
これは家の入り口を表しています。

昔の家の入り口はこういう形だったということですね。


内  「 内 」
外側は「 家 」を現しています。
内側は「 入 」となっています。
「 内 」の主な意味は内側に入るで、納めるという意味もあります。

日本の漢字は
内の中は「人」って
書きますけど、
本当は違うんです。
私は留学中によく人って書いて注意されました
こうみるとやっぱりきちんと意味があって作られたんだなぁってわかりますね。




https://ameblo.jp/lingxue23/entry-12043428126.html



War Guilt Information Program
https://upanishad.exblog.jp/25349985/













by mantaiya | 2019-02-23 09:45 | | Comments(0)

着物衿カットソー クラッシュレザー(黒)


d0335577_17524143.jpg


着物衿カットソー クラッシュレザー(黒)

これも購入しました
カッコいいです!


d0335577_17525431.jpg


d0335577_17530478.jpg

d0335577_17531401.jpg

d0335577_17532829.jpg
まるでレザーのように見える、ポリエステル素材のカットソー。
過去、大人気のアイテムがリバイバルで復活です。
さわり心地もヌメ感があり、柔らかいです。
クラッシュした生地がロックテイスト。
色によって、クラッシュの目立ち方が違います。
あまりにもクールで、ジャケットのインナーとして使う方もいる、
人気のカットソーです。















by mantaiya | 2019-02-15 17:53 | 着物 | Comments(0)