人気ブログランキング |

<   2016年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

花(廿肆)

d0335577_09070415.jpg













by mantaiya | 2016-10-29 09:07 | Comments(0)

中田 篤 さんの器

購入した中田 篤さんの器

d0335577_13403410.jpg

↑これでお客様にお出しいたします



d0335577_13404776.jpg

飮むといふよりも

この器で佐々木直喜先生に生け込んでいたゞきたい















by mantaiya | 2016-10-25 13:40 | Comments(0)

Nakata Atsushi  × Nakata Yuka

d0335577_10532574.jpg

seedbed gallery


http://www.cultivate.jp/gallery-1/


中田 篤さんの作品展に行ってきました


d0335577_10571259.jpg
↑左上の作品と似たのを購入しました
一番左にあったのを私が手に入れたので歯抜けに


d0335577_11010405.jpg
↑次回、このコーヒーカップが欲しいですね
d0335577_11154424.jpg













by mantaiya | 2016-10-23 10:53 | Comments(0)

10月の店頭(Part2)

津祭り前にベルギーから帰ったばかりでお疲れのところ
ご無理を申し上げて、生け込みに来てもらった。

d0335577_21101392.jpg
↑ススキ
桔梗
ダルマ萩(はぎ)

d0335577_21110651.jpg
↑葛籠藤(つづらふじ)

d0335577_21123367.jpg
↑野バラ
かぼちゃ















by mantaiya | 2016-10-07 21:11 | Comments(0)

花(廿参)

d0335577_13165915.jpg















by mantaiya | 2016-10-04 13:17 | Comments(0)

日本の言語

三島由紀夫って新仮名遣いでしか読んだことないんですけど、旧仮名遣いで読んだ方が良いですか?

元々本人が書いたのは旧仮名遣いだったはずですよね?

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/4/520:11:09

これは質問者さんのおっしゃる通りなのですが、三島由紀夫に限った話ではなく、戦後に作品を発表した作家でも読み書きを覚えたのが「旧仮名遣い・旧漢字」の時代だった作家にも当てはまる問題であり、ましてや、明治・大正生まれの全ての近代文学作家に当てはまる大切な問題です。

三島由紀夫の「英霊の聲」の直筆原稿の写真を見ても、もちろんすべて「旧仮名遣い・旧漢字(本字)」であり、漢字も「声」などという略字ではなく「聲」という由緒正しい漢字を使って書いています。
戦後の占領下で、仮名遣いと本字を変えてしまったのは日本人にとって不幸な過ちだったと思っています。

当たり前すぎる話ですが、日本の近代の作家はすべて「旧仮名遣い・旧漢字(本字)」で作品を書いてきました。

原作者の表記通りの「旧仮名遣い・旧漢字」で作品を読めば、「日本の古くからのあらゆる古典文学作品と現代までの文学作品とは全く同じ日本語で書かれていて、なだらかにつながっている」という当たり前のことは自然にわかるのに、作品を「新仮名遣い・当用漢字」表記に変換してしまうことで、そんな当然のことさえ見えにくくなって、古典ではない樋口一葉や森鷗外の作品に「現代語訳」ができてしまうほど日本人の自国の文学作品を読む力が衰えてしまっています。

「日本の古典文学作品は日本の現代文学作品と全く同じ日本語であり、直接つながっているのだ」という自国の文化さえ分からなくなってしまっている事が一番大きな問題だと思います。
だから「古典文学」を何か特別なものだと誤認してしまい、古典文学を自然な母国語の文学作品だと認識できない人たちがたくさんいるという惨状になってしまっているのだと思っています。

三島由紀夫だけでなく、夏目漱石も森鷗外も谷崎潤一郎も新仮名遣いと略字とで自分の作品を読まれるのは非常に不本意だと思いますし、旧仮名遣いと旧漢字に徹底的にこだわった森鷗外はさぞかしあちらで腹をたてているだろうと申し訳なく思い、原作者の書いた表記とは違う表記で作品を読むのは失礼なことだとも思うのですが、現在は新仮名遣い・当用漢字での出版物がほとんどで、「旧仮名遣い・旧漢字」にこだわっていては読める作品が限られてしまうので、便宜上致し方なく「新仮名遣い・当用漢字(略字)」変換テキストで作品を読んでいるのが実情だと思います。

三島由紀夫だけでなく、漱石・鷗外などすべての近代作家の作品が本人の表記通りに出版されれば一番良いと思いますが、現状では難しいので、私自身も困りながら明治以降の多くの作家の作品を「新仮名遣い・当用漢字」変換テキストで読んでいます。

色々な作家の作品をたくさん読みたいと思うと、日常持ち歩きやすくて移動中いつでも読める文庫本や電子書籍などをつい多用してしまいますが、文庫本や電子書籍は基本的に「新仮名遣い・当用漢字(略字)」で表記されています。
パソコンのソフトの問題があるので電子書籍では難しいことは承知していますが、読書の楽しみを書斎の机の上だけに閉じ込めてしまうのはもったいないので、日常手軽に文学作品を読める文庫本や電子書籍こそ、日本の近代作家の作品を「旧仮名遣い・旧漢字」で原典通り表記してほしいと、困りながら願っています。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11105078616

















by mantaiya | 2016-10-03 06:25 | Comments(0)

小路

d0335577_21173090.jpg
d0335577_21175865.jpg
d0335577_21191352.jpg
d0335577_21192824.jpg
d0335577_21201137.jpg
d0335577_21203397.jpg
d0335577_21205587.jpg
d0335577_21214240.jpg
d0335577_21224972.jpg

d0335577_21375071.jpg
















by mantaiya | 2016-10-01 21:23 | Comments(0)