人気ブログランキング |

<   2016年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

婦人画報2016年4月号


d0335577_07491410.jpg

いま販売されている婦人画報20164月号 に
栗﨑 曻先生が掲載されています。
 p.86

ダニエル・オスト作「111枚の薔薇束」というタイトルの紹介文の後に


オスト氏と縁の

栗﨑 曻さんからも花贈り



ベルギーのダニエル・オスト氏が、とりわけ日本贔屓になったきっかけ、それは、挿花家・栗﨑 曻さんの存在があることを知る人は多くないかもしれません。

1970年代の終わりからキャリアをスタートさせたオスト氏は、85年に来日した際、書店で栗﨑さんの作品集を目にしました。曰く「そこで初めて」花に対する目を
見開かされたのだと言います。伝統的に花を装飾品として捉える西洋において、それまで、花の仕事とは花の色や形を見て選び取り、それらを人間の手で思うままにアレンジすることだという概念が一般的でした。

ところが当時の栗﨑さんの試みていたことは、一本の枝、一輪の花と向き合い、そのあるがままの形を受け入れるという哲学的な姿勢東洋の自然思想引き算の美学強烈に惹かれていったのだとオスト氏も語ります。


・・・・・・・
婦人画報20164月号に掲載されてゐる

栗﨑 曻先生の贈り物にはびつくりされる事でせう









d0335577_08144158.jpg

d0335577_08150297.jpg
d0335577_08151737.jpg



d0335577_08253975.jpg

d0335577_08255796.jpg
d0335577_17010712.jpg

d0335577_17040513.jpg

d0335577_17011671.jpeg
d0335577_17042424.jpg
d0335577_17204567.jpeg
d0335577_17043889.jpg

d0335577_17121333.jpg
d0335577_17184678.jpg
d0335577_17185894.jpg


オストのレッスンも受けましたが、

すべてワイヤー(細い針金)と接着劑の世界なんですね


歐米人ですから花をモノとしか見ません


だから私の目指してゐるものではないのです













by mantaiya | 2016-03-29 07:50 | Comments(0)

成人の日の由来

1月の第2月曜日は「成人の日」です。本来は1月15日でしたが2001年、成立した「改正祝日法」(通称ハッピーマンデー法)施行によって第2月曜日に変わったので、年によって「成人の日」の日付が違う、という奇妙な状態です。祝日は「旗日」といい、それぞれの家が玄関に国旗を掲げ、国民がこぞって祝う記念すべき日です。「旗日」にはそれぞれ意味があります。例えば「成人の日」を1月15日にしたのはこの日が小正月であり、かつて元服(げんぷく)の儀式が小正月に行われていたことによる、と言われています。ところが「ハッピーマンデー法」で日曜、月曜と連休にしようとすると祝日を移動させざるを得なくなり、本来の祝日の意味が分からなくなってしまいます。「ハッピーマンデー法」は祝日法「改正」ではなく「改悪」といっていいでしょう。「ハッピーマンデー法」は廃止にすべきと考えます。
 成人式のルーツは大東亜戦争後の1946年11月22日、埼玉県北安立郡蕨町で行われた「青年祭」です。敗戦のショックで虚脱状態だった若者を励まそうと、蕨町青年団長の高橋庄次郎氏が蕨第一国民学校の校庭にテントを張って「青年祭」を行ないました。これが評判となり、政府は1948年に公布・施行された「国民の祝日に関する法律」で1月15日を「成人の日」と定めました。その趣旨は「おとなになったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い、はげます」というものです。もし皆さんの周りに新成人がいたら、このような「成人の日」の由来を話してあげてください。








by mantaiya | 2016-03-25 21:09 | Comments(0)

何となく


d0335577_17261900.jpg

何となく 心さやぎて 寢(いね)られず

あしたは春の はじめと思へば 





              良寛






店内の櫻も滿開になりました

ご卒業式をお迎へしてゐます













by mantaiya | 2016-03-19 10:56 | Comments(0)

三島由紀夫全集【限定版】

d0335577_09370378.jpg



三島由紀夫全集が手に入つた

決定版」は當用漢字・「現代仮名遣い」だから駄目だ

【限定版】は三島由紀夫が望んだ舊漢字・舊假名遣ひである



by mantaiya | 2016-03-15 09:39 | | Comments(0)

3月の店頭

d0335577_17354752.jpg

敦盛草に桜の苔木

d0335577_17360702.jpg

御殿桜↑

d0335577_17363090.jpg
木瓜(ぼけ)↑

d0335577_17372639.jpg

木蓮(もくれん)






三重県津市の振袖レンタル・卒業式の袴なら まんたいや

by mantaiya | 2016-03-12 17:36 | Comments(0)

焼き物


お客樣にお出しする器を買つて來ました

それぞれ作家さんで可愛いですよね


d0335577_15165133.jpg
↑ 中田 篤

d0335577_15183163.jpg
↑ 増田 良平 ↓

d0335577_15214143.jpg




古志野が好きだからと云つて、

さういふ作風の器でお茶をお出しして

二十歳前後のお孃樣が喜ばれるか?


さう考へると上記のやうな作品が一番よいと思つたのです。








人間国宝(無形文化財)の加藤唐九郎
1960年永仁の壺贋作事件


http://yansue.exblog.jp/12907177











三重県津市の振袖レンタル・卒業式の袴なら まんたいや


by mantaiya | 2016-03-10 15:17 | Comments(0)

Mais où sont les neiges d'antan ?

Mais où sont les neiges d'antan ?
(François Villon, Le Testament « Ballade des dames du temps jadis »)

されど去年(こぞ)の雪いま何処(いづこ)

フランソワ・ヴィヨン(1431年?~1463年以降)は、中世最大の詩人にして、
窃盗や殺人の前科者であった。
乱闘騒ぎの末に人を殺してしまい、逃亡の生活の中で窃盗団に加わり、
投獄されること数度、最後は1463年にパリ追放となり、
その後の消息は判っていない。
 放浪の生涯の中で『形見の歌(Lais)』
(原題の lai とは一般に8音綴詩句からなる中世の物語詩・叙情詩のこと)と
『遺言詩集』を残す。引用の詩句はその『遺言詩集』からで、
いにしえの伝説的美女を引き合いに出して、人の生命のはかなさをうたったものである。
 彼の詩は中世の伝統的な詩型を用いながら、
独自の語彙や統辞法を駆使して、近代的とも言える自我を表出しており、
まさに近代抒情詩の先駆的作品と言えよう。

 ちなみに訳は岩波文庫の鈴木信太郎訳を元にしたが、
もとは「さはれさはれ 去年(こぞ)の雪 いまは何処(いづこ)」である。
これが2000年に刊行された天沢退二郎の現代口語訳では
いったいどこにあるんだ 去年の雪は?」となる。


文語文現代口語訳

格調があるのはどちらでせうか?


http://www.fra5.net/extrait23.html











by mantaiya | 2016-03-09 10:21 | Comments(0)

小説家に成りたかつたら


d0335577_12394144.jpg


永井荷風曰く

小説家に成りたかつたら大學へ行く必要は無い


言海」と森鷗外の小説を一日、一頁讀めばよい


開高健は「言海」を愛用し
カメラはモノクロのフイルムが良いと云つてゐた
この感性が自分は好きです




言海

http://www.babelbible.net/genkai/genkai.cgi



人名用漢字の新字旧字:「鴎」と「鷗」




このBlogが「斷腸亭日乘」のやうな文語調で書けたら最高ですよね












by mantaiya | 2016-03-06 06:25 | その他 | Comments(0)

Aladdinの石油ストーヴ

d0335577_14282222.jpg
手間のかかる子ですが
当店で愛用している石油ストーヴです

d0335577_14283591.jpg
d0335577_14375631.jpg
青い炎が神秘的で小学生の頃に
医院とお友達の家で見かけてから
欲しくなりました












by mantaiya | 2016-03-05 14:30 | Comments(0)

Blythe人形

d0335577_14542326.jpg

Dolly ✳︎Dolly  vol.2
2003年

この本に当店が掲載されました


Hans Bellmer

球體關節人形




澁澤龍彦の書斎

d0335577_21402035.jpg













by mantaiya | 2016-03-05 14:23 | Comments(0)