人気ブログランキング | 話題のタグを見る

當店のコンセプトカラー


紅の八塩(くれないのやしお)
當店のコンセプトカラー_d0335577_19323067.png

紅の八塩(くれないのやしお)とは、紅花の濃染 こぞめ深みのある真っ赤な紅色のことです。『紅の八塩』は奈良時代の濃い紅花染めの名で、色名の「八」は『多い』という意味を、「塩」は「しお」とも書かれて『染め汁に浸す』ことを意味しました。つまり「紅の八入 やしお」とは、紅花の染め汁に何度何度も浸すという意味であり、濃く鮮やかに染められた紅花染めということを表現した色名です。

平安期に入っても紅花の濃染はとても高価で贅沢でした。そのため『禁色 きんじき』として禁制の対象となりますが、それでも美しい『紅の八塩』の色合いは貴族たちを魅了し、まさに「平安貴族の憧れの色」だったのです。

紅の八塩の鮮やかな紅色が後に、あかね蘇芳 すおうなどの混ざり物がない正真正銘の紅花染めであることが強調されて、『深紅 しんく』や『真紅 しんく』と呼ばれるようになり、また平安期以降は『韓紅 からくれない』と呼ばれるようになりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



真紅(しんく)



真紅(しんく)とは、深みのある真っ赤な紅色のことです。『韓紅 からくれない』とは同色で、別に『深紅 しんく』とも表記します。現在では「真紅の花びら」などのように「真っ赤」と同じ意味でも使われます。

古来より紅色は多くの人々を魅了した色ですが、紅花がとても高価であったため、真紅のような濃い紅色は『禁色 きんじき』とされていました。真紅という名前は、茜や蘇芳などの混ざり物がない正真正銘の紅花による染め色であることが強調された色名となっています。















by mantaiya | 2017-07-31 19:32 | Comments(0)


<< Corporate Ident... 「やさしいドイツ語」 關口存男著 >>