人気ブログランキング |

デファクトスタンダード(de factostandard)




デファクトスタンダード(de factostandard



Q:現代仮名遣のどこが気に入らないの?


A:永年使はれてきた歴史的かなづかひを簡單に捨てて、その後より改善された假名遣が來ると思ひきや殘念な部分も多く、しかもそれらが國語學者たちの長い檢討と討論の末決つたり、國民の意見を聞いたり等ではなく、一部の表音主義者(言葉は發音通りに書くべきとする人)が密室で非民主主義的に決定して、あたかも「クーデター」のやうに變つてしまひ、簡單に戻すことが不可能になつてしまつたことです




Q:舊字舊かなは軍國主義的な政府による押つけで、現代かなづかいは「みんなが使いやすい日本語」を民主主義的に採用した良い改革だったのでは。



A:意外にも事實は全く逆です。舊字舊かなは「デファクトスタンダード(de facto standard)」つまり政府の命令ではなく民間から發生した事實上の標準になり、長い年月を掛けて釀成されてきた國語を、明治政府が追認・整理したものでしたが、新字新かなは、それを簡單に捨てて、政府が一方的に決めた國語を國民に使はせたものでした。歴史的假名遣は法律で全面禁止されたわけではありませんが、日常生活で現代仮名遣を使はざるを得ない状況に追ひ込まれたり、(丁度韓國で漢字を讀めない世代を作り出す教育がなされたのに似て)舊字舊かなを讀めない世代を作り出す學校教育によつて、現役の國語表記としては絶滅寸前まで追ひやられたのです。

















by mantaiya | 2019-01-21 07:55 | 思想 | Comments(0)


<< 七五三の着物 Moekaちゃんの2回目の振袖 >>